長距離引越しでのアルバイトさん

引越しバイトさんのやる気を出すコツ

引越しシーズンは人手が足りなくてアルバイトを雇う引越し業者は多いものです。

 

体力に自信がある人が期間限定で働くため、ほとんど素人です。
力仕事で重い荷物をひたすら運ばされるそうです。

 

プロの作業員は研修を受けたり、経験も豊富なので、働きにムラはほとんどありませんが、
アルバイト作業員はお手伝い気分ですから、こちらの求めている作業をしてくれるとは限りません。

 

ですから、引越しを依頼したかたはリーダー格の人から支持を受けてひたすら重いものを運ばされているアルバイトらしき人に、「ごくろうさま!」「ありがとう!」「さすが!」「よろしくね!」と声をかけてみてください。

 

簡単なことですが、不思議と働きが少し変わります。
無愛想に返事もしない人でも、内心うれしいものです。

 

連日、いくつかの引越しにかかわってきているはずですから、他の依頼者とちがう!
ここの家の引越しは頑張ろう!と思わせるのがポイントです。

 

 

トラックに荷物を積み終わったら作業人数分のドリンク(ペットボトル)を「ごくろうさま」と言う言葉とともに渡します。
一緒にチョコレート菓子などもあげると、引越し先で荷物をトラックから降ろし運ぶ時の働きが変わります。