長距離引越しでの荷造りのコツ

長距離引越しの荷造りで気をつけること

長距離引越しで大変なのが、荷造りと荷ほどき。

 

できるだけ最小限の労力で済むように、
私は以下の点に注意しての荷造りをおすすめします。

 

 

まずは、できるだけ段ボールの量を減らすこと。

 

そのために、不要品は徹底的に処分して、
荷物の全体量を減らします。

 

また、業者さんは、衣装ケースやたんすの中に荷物を積めたまま荷物を運び出してくれるので、
できるだけ手持ちの家具の中に荷物を詰め込みます。

 

もちろん割れ物や貴重品は注意しましょう…。

 

そして、荷造りは使用頻度の低いものからどんどんと進めていきます。
食器や洗面台周りのものは引越前日まではなかなか片づけられないので、オフシーズンの服や書籍から先に片付けていきます。

 

 

また、緩衝材はできるだけ手持ちのタオルなどで代用しましょう。
引越業者から無料で緩衝材をもらえますが、
荷ほどきした時にゴミになってしまい、処理が面倒になるので、使わないようにします。
些細なことですが、これだけでもだいぶ手間が省けますのでおすすめします。